①家具の奥行きをそろえる
家具の奥行がそろっていると、すっきり片付いて見えます。奥行が多少違う程度であれば、手前にあわせて並べましょう。
②遠近法を使う
絵画のテクニックを応用!入り口から奥に向かって、背の高い物から低い物になるよう配置すると部屋が広く見えます。
③低めの家具を選ぶ
高い家具を1つ置くよりも、低い家具を複数並べたほうが圧迫感が出ず、お部屋が広く感じます。背の高い収納が必要な時は、思い切って天井まで、壁一面収納にしてしまいましょう!壁のように感じられるので、不思議と圧迫感がありません。